必見!お役立ち情報!! : 【 シュリンクフレーション:ステルス値上げ 】
■【 シュリンクフレーション:ステルス値上げ 】 (2019/05/29)

トランプ大統領が国賓として来日して、ゴルフに大相撲に居酒屋と、安倍総理との蜜月ぶりが改めて内外に示されました。
しかし、26日・27日連日の一日中上空を飛ぶヘリの騒音にはまいりました。
アメリカの辛口メディアは、今回の訪日を「観光旅行」とか「息抜き」とか揶揄しているそうですが、何よりのメインイベントは新天皇即位後最初の国賓として、天皇と会見することでした。
天皇はオックスフォード卒でイギリス英語が堪能、皇后はハーバード卒で元外務省、英語やフランス語などマルチリンガルですから通訳も不要で、国際的にも新しい皇室外交の姿が大きく取り上げられているようです。
皇后が長年悩まれていた皇室外交ですが、今後は少しは思うように進められるのではないでしょうか。

また、韓国の文在寅大統領と言えば、訪米してもトランプ大統領に相手にされず、今回の訪日後に韓国に立ち寄ってほしいと電話したそうですが、またも相手にされず困っているようです。
北朝鮮問題で瀬取りや密輸出入などを繰り返しているようでは、しばらくは韓国パッシングが続くのではないでしょうか。
日韓関係も戦後最悪の状況ですから、文在寅政権は日米両国に嫌われて、フェードアウトということになるのではないかと思ってしまいます。
支持率が下がったら「日本叩き」で凌ぐという体質が変わらなければ、本物の友好関係は築けないのではないでしょうか。


ところで今回のタイトルの「シュリンクフレーション」ですが、製造原価の高騰を要因として価格を据え置きにして容量を減らすという、「シュリンク(縮む)」によるインフレーションという意味合いのものです。
特に食品に多い訳ですが、容量を維持して値上げするという選択では消費者の反感を買いやすく、値段を据え置いて内容量を微妙に減らして実質的な値上げにするものです。
特に告知もせず内容量を減らした商品を、俗に「ステルス値上げ」と呼ぶわけです。
1リットル入りだった牛乳が900mlに減った時、プレスリリースで「従来製品に比べ、筋肉への負担が1割減」などというポジティブ・リフレームに知恵を振り絞ったようですが、原材料高騰や人手不足による人件費高騰など、企業としても悩ましいものです。
ブレグジット問題に揺れるイギリスでは、2500以上の製品がステルス値上げになっているようで、問題になっているようです。

新発売から10年で、価格はそのままで内容量が220g→200g→180g→120gと減り続けた商品もあります。
定番の商品が「美味しくなって新登場!」なんて言うフレーズを見かけると、「ステルス値上げだな。」とつい疑ってみたくなります。
某新聞は「紙面改革」と銘打って、ページ数を減らしてステルス値上げに踏み切っています。
とても巧妙なマーケティングが駆使される現代ですから、我々の日常にも「哲学的思考」が必要となります。
『宗教は信じることから始まる』 『哲学は疑うことから始まる』
顧客は「きれい事」ではなく、「真実」を求めるのです。

2019.5.29.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
『武士道精神の浸透が会社を繁栄させる』
『激動の幕末に学ぶ人間学』
『幕末三舟と西郷隆盛に学ぶリーダーシップ』
『吉田松陰・毛利敬親〜志とは何か〜』
など、歴史に学ぶビジネスのヒントについて、講演受付中!

経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発・新規顧客開拓・新商流開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

フェイスブックの「友達リクエスト」もお待ちいたしております。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
 [鶴田 慎一 Facebook] 
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp


2019/05/29


必見!お役立ち情報 バックナンバー

■2019/06/24

【 アンガー・マネジメント 】

■2019/06/05

■【 歴史に学ぶ人間学セミナー 】

■2019/05/29

【 シュリンクフレーション:ステルス値上げ 】

■2019/05/08

【 人材シビア・アクシデント 】

■2019/03/29

【 著書2冊脱稿しました 】

■2019/02/28

【 イメージトレーニング 】

■2019/02/12

【 武士道精神 】

■2019/01/05

【 国家百年の計 】

■2018/12/27

【 日本人の倫理道徳観 】

■2018/11/28

【祝! 大坂万博誘致】

■2018/11/10

【浩然の気】

■2018/08/06

【アインシュタイン 平和主義者の悔い】

■2018/07/31

【改善マインド(Improvement Mind)】

■2018/07/20

【『業績貢献力アップ社内研修』】

■2018/06/29

【『社会通念トレンドの変化』】

■2018/06/06

【『人間万事塞翁が馬』】

■2018/05/22

【『指導者のアンフェアプレイの大罪』】

■2018/04/23

【『80年前に書かれた現代人へのメッセージ』】

■2018/04/04

【『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』】

■2018/03/16

【『或る81歳 同窓会でのウイット』】

■2018/03/07

【『アフターG20と人づくり』】

■2018/01/31

【『仮想通貨 vol.2』】

■2017/12/18

【『仮想通貨』】

■2017/11/29

【『悪しき集団規範』】

■2017/11/10

【『お蔭様で「暦還る日」を迎えました』】

■2017/11/07

【『コンセプト・クリエイション』】

■2017/10/13

【『Do Right Things!』】

■2017/09/26

【『黒字倒産---「勘定あって銭足らず」』】

■2017/08/28

【『他山の石』】

■2017/08/15

【『ビジネスは「知ること」「識ること」「銘ること」で上手くいく』】

■2017/07/31

【『世界に冠たる長寿国:日本のQOL』】

■2017/07/22

【『ボードメンバー・オプティマイゼーション(最適役員の人選)』】

■2017/06/28

【『次の〇〇ショック』】

■2017/06/15

【『ソーシャル・サティスファクション』】

■2017/06/09

【『「引き取り手のない遺骨」増加』】

■2017/06/01

【『伝わるプレゼンテーション・スキル』】

■2017/05/24

【フルーツパフェ(Fruit parfait)ON・OFFのスイッチング】

■2017/05/06

【メルカリの功罪】

■2017/03/31

【オーバースペック・シンドローム】

■2017/03/16

【TQM(Total Quality Management)】

■2017/02/10

【アジリティ―(機敏さ)】 & 【営業マインド強化合宿 日程及び会場変更のお知らせ】

■2017/01/19

【Adulting「責任ある大人らしい行動」】

■2017/01/06

【POST-TRUTH 「ポスト真実」の時代】

■2016/12/08

【「ツキ」にはメカニズムがある!】

■2016/11/15

【「仕事の誇り:介護に携わる思想・哲学・価値観」】

■2016/10/28

【「国家元首」】

■2016/09/19

【『脳の休息』=『頭や心のオンオフ切り替え』】

■2016/08/31

【『「ポケモンGO」は、ファッズかトレンドか』】

■2016/08/16

【『お役立ち精神』】

■2016/07/12

【『永六輔さんの訃報で甦る想い出』】

>>> その他のバックナンバーはビジネススキル研究所公式ブログ をご覧ください。