必見!お役立ち情報!! : 【 本来の八紘一宇(はっこういちう)の精神 】
■【 本来の八紘一宇(はっこういちう)の精神 】 (2020/03/19)

20181114_180026新型コロナウイルスのパンデミック・ショックが、世界に大混乱をもたらしています。
連日、様々な感染症の専門家やなどがテレビ出演して、未知の敵との戦いを語っています。
この一ヶ月半ほどを振り返ってみると、戦う相手が未知の敵であるのに、したり顔で楽観論を並べていた人たちはサッパリと画面から去っています。
未知・未来を過去の延長線で楽観論を語る専門家は、「専門馬鹿」と言われても仕方ないのではないでしょうか。
いずれにしても『暁の来ない闇はない』ことを信じて、事態の好転を祈るしかないし、政治家は愚策を打たぬように万全の対応をしてほしいものです。
世界平和の祭典であるオリンピック開催にも黄色(赤?!)信号が灯っていますが、利権や商業的興行が色濃くて、本来の姿から離れているように見えています。
とは言え、必死で出場権を勝ち取ってきたアスリートたちの気持ちを考えると、何とかなることを祈るばかりです。

『日本書紀』の「八紘(あめのした)を掩(おお)ひて宇(いえ)にせむ」を、全世界を一つの家のようにすると解釈した『八紘一宇(はっこういちう)』。
大和橿原に都を定めた時の神武天皇の詔勅に「兼六合以開都,掩八紘而為宇」(六合〈くにのうち〉を兼ねてもって都を開き、八紘〈あめのした〉をおおいて宇〈いえ〉となす)との記述があり、後に『八紘一宇』と造語されたものです。
その意味するところは「世界は一家で民族に関係なく平等である。人類は皆兄弟である。」ですから、現在のような世界的なクライシスにはこのような高邁な思想こそが大事であると思います。
折角の素晴らしい言葉が戦前戦中にプロパガンダに利用されたことは歴史的汚点ですが、新型コロナウイルス問題で全世界が純粋に平和に向かうための試練には、共有して立ち向かうための価値観だと思います。
『八紘一宇』なんて言葉を使うと、右翼扱いする人もいるでしょうが、それこそ大きな間違いで価値観再教育の必要アリということでしょう。

皇紀2680年、ギネスにも認定されている通り、日本は現存する世界最古の国であります。
アインシュタインが来日時に言った通り、「人類は愚かなことに戦争を繰り返しているが、いつか戦いに疲れる時が来て、平和を求めて一つになる時が来る。その時に盟主となる国こそが最も尊い国の日本である。」と考えたいものです。
世界共通の敵がいる今こそ、世界が平和というものを求めて一丸となる時です。
新型コロナウイルスの終息後、本物の平和の祭典が世界の歓喜の輪の中で行われることを祈ります。


写真は1576年、京都三条大橋のたもとにて創業の和菓子店「玉英堂」、今は東京の人形町にあります。入口に置かれている寛永の三奇人の一人である勤皇家の高山彦九郎像。
吉田松陰の憧れの人です。


2020.3.19.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝

#吉田寅次郎 #吉田松陰 #毛利慶親 #毛利敬親 #長州藩
【講演テーマ (例)】
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導と共に、
『幕末・明治武士道列伝に学ぶ現代人のビジネス』
『武士道精神・士魂商才:ビジネスの王道』
『幕末三舟と西郷隆盛に学ぶ人間学』
『吉田松陰・毛利敬親 〜志とは何か〜 』
など、歴史に学ぶビジネスの王道について、研修や講演を受付中です!

スキル教育と併せて「立志」「仕事への使命感」「社会正義」など、ビジネスパーソンとしての根幹を強くする社員教育にも注力ください。
戦略製品開発・新商品開発・新規顧客開拓・新商流開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

フェイスブックの「友達リクエスト」も、「いいね!」「シェア」もお願いいたします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
 [鶴田 慎一 Facebook] 
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp


2020/03/19


必見!お役立ち情報 バックナンバー

■2020/04/01

【 Not Essential(=不必要) 】

■2020/03/19

【 本来の八紘一宇(はっこういちう)の精神 】

■2020/03/06

【 「適正な備蓄」と「自助」の精神 】

■2020/02/29

【 群集心理(集団心理) 】

■2020/02/25

【 梅の花も大寒桜も満開! 】

■2020/02/10

【 偶然の「正代」発見!「バンクシー」も発見! 】

■2020/02/03

【 まだまだ遠い「食品ロス問題」の解決 】

■2020/01/29

【 恥を知れ!せこい日本人! まだまだいる素敵な日本人! 】

■2020/01/26

【 パンデミックの危機 】

■2020/01/11

【 フォードVSフェラーリ 】

■2020/01/06

【 『新春ご挨拶』 】

■2019/12/23

【 『Season‘s Greeting from my heart!』 】

■2019/12/16

【 『企業イメージダウンの行き着く先』 】

■2019/12/13

【 『国宝 : 迎賓館赤坂離宮』 】

■2019/12/03

【 『考察 : 今年の事件』 】

■2019/11/27

【 『居酒屋「無断キャンセル」問題』 】

■2019/11/21

【 『日刊ゲンダイのブックレビューに拙著掲載』 】

■2019/11/14

【 「想い方の力」『私の命』 】

■2019/10/17

【 通用するのは「真実」と「本音」 】

■2019/10/07

「中国新聞朝刊」の読書欄に載りました

■2019/10/02

【 マイナス・マーケティング効果 】

■2019/09/26

【 感即動=感動こそ人を突き動かす 】

■2019/09/13

【 読売新聞に拙著の書評記事が出ました 】

■2019/08/28

【 職場の幸福感が生産性を高める 】

■2019/08/08

【 「父母の恩」 】

■2019/08/08

『師・寅次郎と主君・慶親』【あらすじ】

■2019/07/27

【 日刊ゲンダイにコメント 】

■2019/07/20

【 新刊書発売日8月13日に決定、事前ご予約のお願い 】

■2019/07/02

【 ビジネスパーソンの知性と教養 】

■2019/06/24

【 アンガー・マネジメント 】

■2019/06/05

■【 歴史に学ぶ人間学セミナー 】

■2019/05/29

【 シュリンクフレーション:ステルス値上げ 】

■2019/05/08

【 人材シビア・アクシデント 】

■2019/03/29

【 著書2冊脱稿しました 】

■2019/02/28

【 イメージトレーニング 】

■2019/02/12

【 武士道精神 】

■2019/01/05

【 国家百年の計 】

■2018/12/27

【 日本人の倫理道徳観 】

■2018/11/28

【祝! 大坂万博誘致】

■2018/11/10

【浩然の気】

■2018/08/06

【アインシュタイン 平和主義者の悔い】

■2018/07/31

【改善マインド(Improvement Mind)】

■2018/07/20

【『業績貢献力アップ社内研修』】

■2018/06/29

【『社会通念トレンドの変化』】

■2018/06/06

【『人間万事塞翁が馬』】

■2018/05/22

【『指導者のアンフェアプレイの大罪』】

■2018/04/23

【『80年前に書かれた現代人へのメッセージ』】

■2018/04/04

【『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』】

■2018/03/16

【『或る81歳 同窓会でのウイット』】

■2018/03/07

【『アフターG20と人づくり』】

>>> その他のバックナンバーはビジネススキル研究所公式ブログ をご覧ください。