必見!お役立ち情報!! : 【 国家百年の計 】
■【 国家百年の計 】 (2019/01/05)

謹んで新春のお慶びを申し上げます
本年も何卒宜しくお願い申し上げます

帰省や旅行でクタクタになって帰ってきた方や、寝正月を決め込んだ方、はたまた今こそが稼ぎ時と仕事にフル稼働だった方と様々でしょう。
私はというと、読書と原稿書きを同時進行で取り組んでおりました。
読み直しも含めて十冊ほどは読みましたが、まだまだ読むつもりで先行購入した本が机上に五冊以上積み上がっています。
年齢と共に本を読むにも時間と共に目がかすんだり、八時間も机にかじりついていると、立ち上がった時に腰が固まったりと大変ですが、あらゆる面で老いていくからこそ活字にして遺したいとの想いも強くなります。

この数ヶ月で数十冊の様々な本を読みましたが、中でも一番読み応えがあったのは、〜人間学を学ぶ月刊誌〜『致知』一月号であります。
一月号の特集は【国家百年の計】で、政治・経済・教育・国際問題・人工知能の行方・医療問題・環境問題など、各界の論客の対談や座談や提言などがびっしりと詰まっていて、年末年始に読むものとしては最高のものでした。
我々はついつい目先のことに捉われてしまい、中長期的な視点を失うことも多いと思いますが、だからこそ時折近視眼の矯正が必要なのです。

私は30年以上前に『致知』に出逢い、今のバックボーンを創ってもらえた気がしていますし、以来ずっと研修やセミナーでもご紹介してきました。
月に1,000円に満たない(年間10,300円)先行投資で、社会人・企業人としての必須のテーマである人間学を腹に落としていくことは、何歳の方でも気づいたその日からできる崇高な思想・価値観の会得となります。
まだ『致知』を知らなかった方は、月にコーヒー3杯か生ビール2杯の投資で、是非とも購読してみてください。

江戸時代の師の中の師である佐藤一斎は、弟子に佐久間象山、孫弟子に勝海舟・吉田松陰などがいる大偉人ですが、『言志四録』のなかで、
『少にして学べば、則ち壮にして為すことあり。
壮にして学べば、則ち老いて衰えず。
老いて学べば、則ち死して朽ちず。』
と書いています。
つまり、
『若いうちに学問に励めば、壮年になった時に意義のある重要な仕事を成し遂げることができる。
壮年になってからも学問に励み学び続ければ、老年になっても頭や気力が衰えることはない。
老年になってからも尚学ぶことをやめなければ、死んだ後も自分の業績は残り次の人々にも引き継がれていく。』
とあります。

自分自身が老年に近づきつつある今、ずっしりと重みを感じる言葉です。
人生はマニュアルやハウツーではどうにもならないことばかりです。
しっかりした思想・価値観を学び、考える力を手に入れて、新しい元号の元年をスタートしましょう。
大切なことは、「今始めるべきことを、今やること。人間学という崇高なものに目覚めること。」であると思います。

2019.1.5.
 株式会社 ビジネススキル研究所 代表取締役 鶴田 慎一  拝
経営戦略策定・マーケティング戦略強化の実務指導、幹部研修・営業研修・ビジネススキル研修・新人研修など、貴社の競争力強化のご指導をいたします。
戦略製品開発・新商品開発・新規顧客開拓・新商流開発の支援なども、お気軽にお問い合わせください。

フェイスブックの「友達リクエスト」もお待ちいたしております。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
株式会社 ビジネススキル研究所ホームページ
[URL] 
http://www.biz-skill.jp
営業マインド強化合宿ホームページ
[URL] http://営業マインド.jp
 [鶴田 慎一 Facebook] 
https://www.facebook.com/tsuruta.shinichi
[営業マインド強化合宿公式 Facebook] https://www.facebook.com/bizskilljp


2019/01/05


必見!お役立ち情報 バックナンバー

■2019/09/13

【 読売新聞に拙著の書評記事が出ました 】

■2019/08/28

【 職場の幸福感が生産性を高める 】

■2019/08/08

【 「父母の恩」 】

■2019/08/08

『師・寅次郎と主君・慶親』【あらすじ】

■2019/07/27

【 日刊ゲンダイにコメント 】

■2019/07/20

【 新刊書発売日8月13日に決定、事前ご予約のお願い 】

■2019/07/02

【 ビジネスパーソンの知性と教養 】

■2019/06/24

【 アンガー・マネジメント 】

■2019/06/05

■【 歴史に学ぶ人間学セミナー 】

■2019/05/29

【 シュリンクフレーション:ステルス値上げ 】

■2019/05/08

【 人材シビア・アクシデント 】

■2019/03/29

【 著書2冊脱稿しました 】

■2019/02/28

【 イメージトレーニング 】

■2019/02/12

【 武士道精神 】

■2019/01/05

【 国家百年の計 】

■2018/12/27

【 日本人の倫理道徳観 】

■2018/11/28

【祝! 大坂万博誘致】

■2018/11/10

【浩然の気】

■2018/08/06

【アインシュタイン 平和主義者の悔い】

■2018/07/31

【改善マインド(Improvement Mind)】

■2018/07/20

【『業績貢献力アップ社内研修』】

■2018/06/29

【『社会通念トレンドの変化』】

■2018/06/06

【『人間万事塞翁が馬』】

■2018/05/22

【『指導者のアンフェアプレイの大罪』】

■2018/04/23

【『80年前に書かれた現代人へのメッセージ』】

■2018/04/04

【『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』】

■2018/03/16

【『或る81歳 同窓会でのウイット』】

■2018/03/07

【『アフターG20と人づくり』】

■2017/11/29

【『悪しき集団規範』】

■2017/11/10

【『お蔭様で「暦還る日」を迎えました』】

■2017/11/07

【『コンセプト・クリエイション』】

■2017/10/13

【『Do Right Things!』】

■2017/09/26

【『黒字倒産---「勘定あって銭足らず」』】

■2017/08/28

【『他山の石』】

■2017/08/15

【『ビジネスは「知ること」「識ること」「銘ること」で上手くいく』】

■2017/07/31

【『世界に冠たる長寿国:日本のQOL』】

■2017/07/22

【『ボードメンバー・オプティマイゼーション(最適役員の人選)』】

■2017/06/28

【『次の〇〇ショック』】

■2017/06/15

【『ソーシャル・サティスファクション』】

■2017/06/09

【『「引き取り手のない遺骨」増加』】

■2017/06/01

【『伝わるプレゼンテーション・スキル』】

■2017/05/24

【フルーツパフェ(Fruit parfait)ON・OFFのスイッチング】

■2017/05/06

【メルカリの功罪】

■2017/03/31

【オーバースペック・シンドローム】

■2017/03/16

【TQM(Total Quality Management)】

■2017/02/10

【アジリティ―(機敏さ)】 & 【営業マインド強化合宿 日程及び会場変更のお知らせ】

■2017/01/19

【Adulting「責任ある大人らしい行動」】

■2017/01/06

【POST-TRUTH 「ポスト真実」の時代】

■2016/12/08

【「ツキ」にはメカニズムがある!】

■2016/11/15

【「仕事の誇り:介護に携わる思想・哲学・価値観」】

>>> その他のバックナンバーはビジネススキル研究所公式ブログ をご覧ください。